まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  スタッフブログ一覧

◆最近の増えているお問合せ内容について◆

みなさん、こんにちは。
まつげエクステコンサルタントのカワグチです。

3月は 決算月だったサロン様も多かったのでは
ないでしょうか。

ひとまず安心!という方も、
今年度は引き締めていかなければな。と、
気合いを改めてお入れになられた方もおられるのではないかと
思います。

そこで、4月になってお電話でお問い合わせが多くなった内容が

「まつげエクステの施術者ですが、独立したいのですが、
何からはじめたらいいのでしょうか。」

「フランチャイズってどうですか?」

「2店舗目を開店したいと思ってるんですが」

というような、お話が多いです。

やはり、気合いを入れて ビジネスの安定を考える時期
なのでしょうね。

実は いまから開店準備の着手をすると、

夏の繁忙期に開店ができますので、良いタイミングです。

新たな展開をお考えの方は まずはお電話くださいませ。

オフィスあしずみ「03-6304-0777」
担当:川口 迄

痛手!ドタキャンについての対応

みなさん、こんにちは。

まつげエクステコンサルタントのカワグチです。

3月はご存知のように まつげエクステサロンにとっても、
繁忙期でございますよね。

支援先のサロン様も 前月の10%〜20%売上アップという見込みが
出ている状況です。

そんな中、予約がいっぱいで 日々当日予約を断っているにもかかわらず、
悲しいことに 突然の直前キャンセルがでてしまうということがあります。

続くときはつづき、1日に3件の直前キャンセル(無断キャンセルということも)
があったりします。

もちろん、季節の変わり目での体調不良などが原因ということあるのですが、
体調不良なら、直前じゃなく、予約の数時間前や前日のキャンセルを
していただけたんではないかなとか、

更には、「他の用事が入ったのでいけなくなりました!」のような、
もっと事前にご連絡いただけそうなキャンセル理由に気持ちが尖りそうになったり、
他の用事の方を移動してもらえないかな。というような気持ちが生まれてしまいます。

それもそのはず、その予約が入っていたことから、他のお客様をお断りしたり、
そもそも予約がはいっていたので、ネット予約がとれなかったりと
もしかすると埋まっていたはずのお客様の予約を逃していたことも考えられる
わけですものね。

「完全予約制」のサロンにとっては、突然のキャンセルは天敵!と
言っても過言ではありません。

私が支援しているサロンでは、無断キャンセルや直前キャンセルが多いところと、
少ないところとにニ分されているように思います。

そもそも お客様のマナーが良い悪いということもありますが、

本日施術して、来月予約を事前にとって帰られるリピート客が多いサロン程、
キャンセル率は下がります。

事前予約ですと、お客様の要望を伺い、紙に書いて渡し、さらに
口頭で「来月〇月〇日 〇時からお取りしておきますね。キャンセルや変更の場合、
2日の〇日までにご連絡いただくことをご了承いただけますでしょうか」

お客様「了解です」

という風に口頭での確認をしています。

その確認作業をしているところは、お客様からのキャンセルが少なく、
変更などの場合は、事前にご連絡があります。

また、あまりにも 直前キャンセル無断キャンセルが多い他のサロン様では、
サロン内の見えるところに 

お願いPOPを掲載して、お客様にキャンセルについてのご依頼をしています。

繁忙期のいま、キャンセルが目立っているサロン様は、
サロン内POPの掲載、お手洗いの見えやすいところへの
POP掲載をされてみてはいかがでしょうか。

もちろん、スタッフからの予約時の確認作業をすることも必要です。

天敵!「直前、無断キャンセル」撲滅 キャンペーンをして、
3月、4月の繁忙期を乗り越えましょう!!

その他に このような方法が有効でしたという情報をお持ちの方は
教えてくださいませ。

ご連絡 お待ちしております。

厳しい状況を乗り切ることが出来るサロン

みなさん、こんにちは。

まつげエクステサロン コンサルタントのカワグチです。

最近 サロン運営の厳しい状況の話をお伺いすることが多くなっています。

日本の企業は3月、9月が決算の会社が多いので 
このタイミングで サロンの運営を見直す機会が多いのかもしれません。

数年前は 客単価8千円程度だったサロン様が 
この2年程で競合店が増え 客単価5千円を割ってしまい、
売上が下がってきているというのも珍しい話ではない状況です。

そんな中、いち早く 差別化をしたサロン様は この価格競争にも
巻き込まれていない状況になっています。

例としてはメニューに 「ボリュームアイラッシュ」を取り入れているサロンは
客単価があがっているようです。

特に まつげの隙間が気になったり、付け心地が気になるお客様には、
1回目は お試し価格にして施術していただくと次回にはリピート希望される
お客さまが多いらしいです。

装着感の軽さが 30代、40代のお客様の満足感を高めているようです。

他のサロンが導入していない時から メニューに加え、
チャレンジしていたサロン様は、価格競争から差別化にシフトしているという
良い例です。

「ボリュームアイラッシュ」は、技術者にとっては 通常の施術より
細かい作業が増え 慣れるまでは施術も疲れます。

でも、お客様のニーズやメリットを考えると メニュー導入は一考するべき
流れだと思います。

そういうことを 常に考えているサロン様は、いろんなことに
負けない体制を考える癖があるサロン様だと思います。

急に厳しい状況が起こっているのではなく、
徐々に変化していく状況を敏感に感じて、何を変化させるべきかを
考えていることが大切なのです。

サロンの運営だけでなく、スタッフの表情ひとつにも
変化を感じて 話し合う時間をつくることが出来ることも
必要ですよね。

手に負えなくなる前に、どうする必要があるか。を考えてみてください。

もし、サロンオーナーだけでは 答えが見つからない場合は、
ぜひ、お気軽にお問合せくださいませ。

無料相談実施中!【オフィスあしずみ】← クリック★

清潔感をほめられるサロン

o

最近改めて、支援先の口コミを読み返してみました。

お客様のお褒め言葉は、サロンとしては、客観的にみたサロンの強みと改善が
見えてくるので 真摯に向き合って ある程度のお客様の声がたまりましたら、
分析することが大切です。

その中でも、サロンのインテリアや清潔感を 口コミに書いてくださるのは
新規のお客様が多いです。

初めてのサロンに来て 緊張しながら見るのは、入り口周りやベッドのよごれや
膝にかけてくれるタオルケットの状況などに 眼が言ってしまうのだと思います。

いうなれば、慣れてくるとそんなに気にならないことも、
新規のお客様には 目につくのです。

特に匂いなんて、、、。

ずっといるとはわからないけど 外から入ってくると敏感に嗅ぎ取ったことがあるのも
このブログを読んでいただいている人も あるある!経験ではないでしょうか。

例えば、飲食で出されたおしぼりが 生乾きの洗濯ものの匂いがしたら、
その後にでてくる食事まで台無しではないでしょうか。

私は 開業支援の際、内装をこだわり豪華にすることよりも、
あたたかみのある 清潔感の出るサロンを目指していただきます。

アイボリーや、白、を主体に 効かせ色を組み合わせているサロン様は
お客様の声でも評価が高いです。

無機質なものより、木目やリネンなど 自然な素材は お客様にも喜ばれています。

そして窓が少ないサロンには、空気洗浄機などを導入していただいてます。

きれいになるための空間に 初めてのお客様は 豪華なことより清潔感を求めておられるということを
これから開業支援をされる方は考えてみてください。

そして、すでにサロンをお持ちのお客様は、友人や知人で鼻の利くひとに
抜き打ちチェックを依頼してみてください。

そして、休憩後のスタッフの手も抜き打ち検査してみてください。

たばこのにおいや、お昼に食べたカレーの匂いがついていたりすると、
お客様は施術中 ずっとその匂いをかぐことになりますものね。

慣れてしまわずに、時には新規のお客様目線で サロンと向き合う機会を
もってくださいね。

来月、3月は まつげエクステサロンにとっても 季節指数の上がる時期です。
年間でも まつげエクステデビューをされる方も 新規のお客様も増える時期です。

みなさんのサロンは大丈夫ですか?

サロンの売却案件が多くなってきています。

みなさん、こんにちは。

まつげエクステ コンサルタントのカワグチです。

まもなく 決算月を迎えるサロン様も多いのではないでしょうか。

そのような時期ということもあり、

異業種からの「まつげエクステ 開業」などのご相談案件が増えて
きております。

また 一方で、サロン売却案件も多くなってきております。

特に 渋谷、新宿などの 高い家賃物件のサロン様の売却が多いように
感じています。

数年前に 開業し、内装などに力を入れたサロン様の売却案件が
出回っています。

高い 家賃(固定費)を携えて 競合との価格競争をしながら、
利益を出していくのは 至難のわざです。

サロンをすでにお持ちのオーナー様は このような物件には、
よほどの秘策が無い限り 手を出さないと思いますが、
異業種からのオーナー様は、よくよくお考えの上 ご検討ください。

まつげエクステの開業は 他の美容サロンより比較的低予算で
スタートが可能な業種です。

はじめから、内装やイメージにこだわり過ぎて 投資するより、
まずは1店舗を 確実に黒字展開してから、2,3店舗目を展開し、
3店舗目くらいに 好きなイメージやこだわりのサロン創るという
ほうが堅実的だと思いませんか?

もし、まつげエクステ開業やサロン運営でお困りごとやご不明な点が
ございましたら、ぜひ、ご連絡くださいませ。

東京都内でしたら、随時 【無料相談会】を行っております。

東京以外の方もお電話などでお気軽にお問合せくださいませ。

TEL:03-6304-0777 オフィスあしずみ カワグチまで

経験者の求人が動き出しているようです。

みなさん、こんにちは。

まつげエクステコンサルタントのカワグチです。

全国的な暖冬から、一転して 急に寒くなりましたよね。
都内では 先日雪が積もり、まだ 日陰には雪が残っています。

今日は、茨城県の支援先に行ってまりましたが、
日中は暖かく空気に透明感があり、良い天気でした。

ただ、茨城も明日は雪マークが出ていたので寒くなるようです。

この寒さが過ぎて 春に近づくと まつげエクステサロンの
繁忙期がやってきますね。

2月後半から3月にはいると 卒業式、入学式、就職、新生活と
新しく人との出会いが生まれるときに 印象をよくしたいと
まつげエクステデビューのためにサロンに訪れる人が多くなりますし、
しばらく付けていなかった方が、心機一転、付けにこられたり、
いつもつけている方が 本数やデザインを変えたりするのですから、
サロンは大忙しになります!

その為に、求人募集をしているサロン様が 多くなります。

そして、年末年始とあまり転職のアイリストが動いていない状況でしたが、
そろそろ 動き始めているようです。

実際に、今年になり 新スタッフを獲得したサロン様が続けて出ています。

既に求人募集をしているサロン様も 募集内容の見直しをして、
早めに手を打ちましょう。

あと、もうひとつ 転職アイリストが増えるということは、
今いるスタッフが 急に辞めたいということも起こりやすい時期ということです。

その為にも、ひとりづつの面談をして 日々の仕事ぶりを正当に評価し、
今後の目標を提示し、給与の見直しなどを実施し、
このサロンに私は必要とされているという意識を持ってもらえるようになれば
急に辞めます!というような惨事が起こりにくくなります。

ぜひ、繁忙期になる前に 個人面談の実施をおすすめいたします。

ブログの内容に真摯に向き合うサロン

みなさま、こんにちは。

まつげエクステサロン  コンサルタントの カワグチです。

最近は、「お客様の口コミ」や「ブログ」は、
集客につながるという情報を基にブログを開設している
ところが多いですよね。

そのブログの記事を書いているのは、大半が
店長、もしくは スタッフの方だと思うのすが、

内容が、個人用のブログと変わらないものが多くあります。

よく見るのは、

「気になっていたカフェにランチにいきましたぁ〜!」
「休日にUSJに行ってきましたぁ」

などの、報告ブログです。

内容が、まつげエクステや美容には関係のないことが多発しています。

そんな中、支援先サロンの店長のブログは、
いつもまつげエクステ関連やサロンの情報を題材に書いています。

私はこの店長のブログを愛読しています。

ここで、みなさんに少し考えてみて欲しいのです。

忙しい作業の合間に時間をさいて、ブログを書くのはなぜか?
そして、誰に読んでもらいたいのか?ということを。

ネットでは、サロンの内部や情報が伝わりにくいので、
スタッフやサロンの雰囲気をブログなどから感じていただき、
初めてサロンを訪れる人が少しでも安心できるように。

とか、

いつも来てくださるお客様に いちはやくサロンの新情報を
お伝えできるように。

などが、主な目的なのではないでしょうか。

その目的を考えると、おのずと書く内容が決まって
くるように思います。

もちろん、時には 報告ブログでもいいと思います。
スタッフの日常から親しみがわくこともありますから。

でも、やっぱり 本来の目的はしっかり押さえておきたいですよね。

実は先ほどの まつげエクステ関連のブログを書き続けている店長と
お話ししたとき、こんなことをお伺いしました。

この間、50代の女性がまつげエクステを受けにきてくださったそうです。
その時、

店長:「なぜ、ここを選んでいただけたのですか?」

お客様:「娘がネットを見て、こちらのサロンを選んでくれたんです。
店長が書いているコラムを読んでいいサロンだと思うから、
ここにしたら、と予約を入れてくれたんです。」

というやりとりがあったそうです。

そして、後日 そのお客さまの娘さんも来てくださったそうです。

店長は、ほんとうに嬉しそうでした!

ブログ を日常の日記にせずに、内容を考えて書いていたからこその
集客ですよね。

このようにつながったお客様は、固定客になる確率も
知人に口コミをしてくださる確率も高いです。

忙しい仕事の中、優先順位が下がってしまいがちな「ブログ」を
見直してみませんか?

ふと、思い出したら半年くらい書いてないわぁ。。。っていう状況は、
お客様から見ると このサロンやってるのかなぁと、不安になりますよね。

心機一転!今年からは、ブログの内容と頻度を見直してお客様に
伝えたいことを情報発信していきましょう!

まつげエクステサロン オーナー様の悩み

みなさん、こんにちは。
まつげエクステ コンサルタント カワグチです。

新年を迎えられて、各サロン様におかれましては、
今年、サロンをどのようにしようかと検討されている時期でしょうか。

その計画の中で重要なファクターとなるのは、「人員計画」というサロン様も
多いのではないでしょうか。

この数か月、支援先のまつげエクステサロン オーナー様の
大きな悩みは、

「人材募集をかけても 全然、ひとが入って来ない!」

というものでした。

12月が繁忙期ということもあり、10月頃から

各 求人会社への登録を行い、準備に入っていたサロン様が

私の支援先でも 5社 ありました。

結局、現段階でお決まりになったのは、1社のみでした。

決まらなかったサロン様と 決まったサロン様では、
何が違ったかというと、
概ね 募集の条件や待遇も大きく違うところはなかったのですが、

ひとつだけ、大きな違いがありました。

そのオーナーは、本当に人材不足にお困りになっていたので、

アイリスト紹介会社に何社も直接お会いになり、
その営業担当者の気持ちを しっかりと掴み、アピールをしていました。

お会いした後も 状況はどうでしょうかと、後日お伺いの電話をされていたそうです。

その後、良き人材をご紹介いただき、雇用ということになられました。

そのお話を伺い、
さっそく 私もその営業担当者に他の支援先の案件の為にお会いすることにしました。

その際に 営業担当者が言っていたのは、

今は、アイリスト自体の応募が少なく、月に1人2人の動きなので、
そもそも ご紹介ができる状況が生まれることが少ないということ、

その僅少なアイリストを紹介する先の選定は、雇用条件やオーナーの人柄、企業の安定感を
加味して薦めるということでした。

その判断の際、より経営に近しい責任者との対話を踏まえて
紹介する先の昇順は決まっていくようでした。

人材紹介会社の 営業担当者は いわゆる「キーマン」ということですね。

人が人をつなぐのですから、やはり 心理的なものや印象は重要になります。

いまは、紹介型求人のほうが 費用対効果もあり、有効です。

次回の繁忙期は3月になりますね。

その前に 人材募集をする予定のサロン様はなかなかスムーズには
見つかりにくい状況だということを把握したうえで、

費用のかからない

・ハローワークへの登録

・自社ホームページでの人材募集

・自社看板に人材募集の広告

・サロン内に人材募集の広告

以上は、いますぐにでも 無料で出来る方法です。

そして、人材を紹介してくれる マッチング型のアイリスト人材紹介会社への
登録をお考えになってください。

サロンの財産は 人材。良き人材は、お客様の満足を高めます! 
そして、チームワークもよくなります。

より良い縁にめぐまれることを願っております。

そして、今年のサロンの目標を明確に立てて、サロンスタッフと目標を
共有してより良い1年にしてください。

2016年の幕開けです!

あけまして、おめでとうございます。

年賀状

2016年年賀状

新年あけまして、おめでとうございます!
まつげエクステ コンサルタント カワグチです。

私が、ブログを書くようになってから、約1ヶ月半が経ちました。
なかなか 思うように書くことは難しいのですが、

支援先への移動中や仕事の合間を使って 今年も 続けていきたいと思っております。

今年は、申年(さるどし)ですね。

12月初旬頃から お店の肌着コーナーで赤色の商品が
とても目立っているなぁと、思っておりましたら、

申年を赤い肌着で迎えると 

「病気がサル」や、
「申年に赤いパンツを履くと 年老いても 
 ひとに下のお世話をしてもらわなくてもよい」

というような言い伝えがあるようです。

「赤」は、なんだか メデタイ色ですが、
赤いものを身に着けると病気除けにもなるというのですから、

申年に赤い肌着、いいかもしれませんね!

お正月は 奈良の実家に帰省予定なので両親にも元気でいてもらいたいので、
赤い肌着買って帰ろうと思います!

みなさまにとっても、健康で良い年になりますことを願っております。

2016年も、よろしくお願い申し上げます。

◆【オフィスあしずみ 年末年始休業日】◆
誠に勝手ながら、【2015年12月27日〜2016年1月3日】まで
お休みをいただきます。

お問合せなどをメールでいただきましたら、4日以降
改めてご連絡差し上げます。何卒、ご了承くださいませ。

まつげエクステサロンの12月

みなさん、こんにちは。
まつげエクステ コンサルタントの川口です。

今日は、24日 イブですね。

まつげエクステサロンは、クリスマスや忘年会、年末を
迎える12月は、繁忙期です。

ドレスアップしたり、人と会うことの多い この時期 、綺麗になりたい!
という気持ちから、まつげエクステにチャレンジされるきっかけとなり、
初まつげエクステをされる方が増えます。

そして、普段 まつげエクステされている人は、いつもより本数が増えたり、
ゴージャスデザインをお選びになられる人も多くなります。

でも、このようなお客様のニーズに応えているサロンは、意外と少ないのです。

繁忙期のこの時期、いろんなお客様への提案が 喜ばれるのですが、
サロンでは、いつもと同じ接客のままということが多いです。

その中、12月に向けて、キャンペーンをしたり、接客にワントークつけたり、
ちゃんと対応しているサロンはお客様に喜ばれながら、売上もあげています。

その提案とは、

◆ワンコインアップの提案。

初めてまつげエクステをされるお客様の平均単価が、4800円(税抜)という分析をしていたサロンでは、5000円(税抜)以上のお客様にクリスマスくじ引き企画を行い、ワンコインオプション※をオススメしています。

くじ引きを引けるならとオプションをお付けいただけることも増えます。

※ワンコインオプションとは、
500円のプラスαのメニューのこと。

◇目元美容パック
◇10本カラーエクステに変更
◇コーティング剤仕上げ
◇ハンド美容パック
などのメニューを用意しています。

◆カラーエクステへの提案。

スタッフ全員、カラーエクステを付けて、接客をします。

アイカラー効果があるという言葉だけの提案ではなく、
スタッフが付けることにより、
お客様にも想像がしやすく、カラーエクステにチャレンジされるお客様も増えています。

ブラウンやカーキブラウンは、チャレンジしやすく、目元にニュアンスカラーが出るので、
お客様の満足度もあがります。

繁忙期となるこの時期にスタッフと協力をして、お客様の施術単価を上げる戦略を立てていたサロンは、
売上の前年比を越えています。

この12月に何もしなかったサロン様は、間もなく来る 来年からチャレンジしてみてください。

新年のイベントや、戦略を考えて
1月を迎えることを意識するだけで、来年は、何かが変わってきますから。

あと、今年も1週間ですね。

忘年会などで、暴飲暴食になりやすい時期ですが、
お身体に気をつけてくださいね。