まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  支援数200社超!<br />提案の多い激安SEO

厳しい状況を乗り切ることが出来るサロン

投稿日:2016/02/29

みなさん、こんにちは。

まつげエクステサロン コンサルタントのカワグチです。

最近 サロン運営の厳しい状況の話をお伺いすることが多くなっています。

日本の企業は3月、9月が決算の会社が多いので 
このタイミングで サロンの運営を見直す機会が多いのかもしれません。

数年前は 客単価8千円程度だったサロン様が 
この2年程で競合店が増え 客単価5千円を割ってしまい、
売上が下がってきているというのも珍しい話ではない状況です。

そんな中、いち早く 差別化をしたサロン様は この価格競争にも
巻き込まれていない状況になっています。

例としてはメニューに 「ボリュームアイラッシュ」を取り入れているサロンは
客単価があがっているようです。

特に まつげの隙間が気になったり、付け心地が気になるお客様には、
1回目は お試し価格にして施術していただくと次回にはリピート希望される
お客さまが多いらしいです。

装着感の軽さが 30代、40代のお客様の満足感を高めているようです。

他のサロンが導入していない時から メニューに加え、
チャレンジしていたサロン様は、価格競争から差別化にシフトしているという
良い例です。

「ボリュームアイラッシュ」は、技術者にとっては 通常の施術より
細かい作業が増え 慣れるまでは施術も疲れます。

でも、お客様のニーズやメリットを考えると メニュー導入は一考するべき
流れだと思います。

そういうことを 常に考えているサロン様は、いろんなことに
負けない体制を考える癖があるサロン様だと思います。

急に厳しい状況が起こっているのではなく、
徐々に変化していく状況を敏感に感じて、何を変化させるべきかを
考えていることが大切なのです。

サロンの運営だけでなく、スタッフの表情ひとつにも
変化を感じて 話し合う時間をつくることが出来ることも
必要ですよね。

手に負えなくなる前に、どうする必要があるか。を考えてみてください。

もし、サロンオーナーだけでは 答えが見つからない場合は、
ぜひ、お気軽にお問合せくださいませ。

無料相談実施中!【オフィスあしずみ】← クリック★