まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  支援数200社超!<br />提案の多い激安SEO

まつげエクステサロン オーナー様の悩み

投稿日:2016/01/06

みなさん、こんにちは。
まつげエクステ コンサルタント カワグチです。

新年を迎えられて、各サロン様におかれましては、
今年、サロンをどのようにしようかと検討されている時期でしょうか。

その計画の中で重要なファクターとなるのは、「人員計画」というサロン様も
多いのではないでしょうか。

この数か月、支援先のまつげエクステサロン オーナー様の
大きな悩みは、

「人材募集をかけても 全然、ひとが入って来ない!」

というものでした。

12月が繁忙期ということもあり、10月頃から

各 求人会社への登録を行い、準備に入っていたサロン様が

私の支援先でも 5社 ありました。

結局、現段階でお決まりになったのは、1社のみでした。

決まらなかったサロン様と 決まったサロン様では、
何が違ったかというと、
概ね 募集の条件や待遇も大きく違うところはなかったのですが、

ひとつだけ、大きな違いがありました。

そのオーナーは、本当に人材不足にお困りになっていたので、

アイリスト紹介会社に何社も直接お会いになり、
その営業担当者の気持ちを しっかりと掴み、アピールをしていました。

お会いした後も 状況はどうでしょうかと、後日お伺いの電話をされていたそうです。

その後、良き人材をご紹介いただき、雇用ということになられました。

そのお話を伺い、
さっそく 私もその営業担当者に他の支援先の案件の為にお会いすることにしました。

その際に 営業担当者が言っていたのは、

今は、アイリスト自体の応募が少なく、月に1人2人の動きなので、
そもそも ご紹介ができる状況が生まれることが少ないということ、

その僅少なアイリストを紹介する先の選定は、雇用条件やオーナーの人柄、企業の安定感を
加味して薦めるということでした。

その判断の際、より経営に近しい責任者との対話を踏まえて
紹介する先の昇順は決まっていくようでした。

人材紹介会社の 営業担当者は いわゆる「キーマン」ということですね。

人が人をつなぐのですから、やはり 心理的なものや印象は重要になります。

いまは、紹介型求人のほうが 費用対効果もあり、有効です。

次回の繁忙期は3月になりますね。

その前に 人材募集をする予定のサロン様はなかなかスムーズには
見つかりにくい状況だということを把握したうえで、

費用のかからない

・ハローワークへの登録

・自社ホームページでの人材募集

・自社看板に人材募集の広告

・サロン内に人材募集の広告

以上は、いますぐにでも 無料で出来る方法です。

そして、人材を紹介してくれる マッチング型のアイリスト人材紹介会社への
登録をお考えになってください。

サロンの財産は 人材。良き人材は、お客様の満足を高めます! 
そして、チームワークもよくなります。

より良い縁にめぐまれることを願っております。

そして、今年のサロンの目標を明確に立てて、サロンスタッフと目標を
共有してより良い1年にしてください。

2016年の幕開けです!