まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  支援数200社超!<br />提案の多い激安SEO

繁盛店から学ぶ20店舗まつげエクステサロン実態調査報告会セミナーのご報告

投稿日:2015/04/09

3月26日に開催されましたまつげエクステサロン様向けセミナーが無事終了しました!
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

そのときの模様をご紹介させていただきます。

講演内容は、

【第一講座】地域No.1まつげエクステサロンへの道
【第二講座】勝ち組まつげエクステサロンに学ぶ スグに使えて売上アップする事例20連発
【第三講座】サロン集客のためのWEB活用戦略
【第四講座】まとめ

の4つです。

第一講座では、弊社代表芦住によるクライアント様のサロンを地域No.1=シェアNo.1のまつげエクステサロンにするための概要をお伝えしました。

hyouまず、売上目標を立てるために必要な現在のまつげエクステサロンの市場規模からお話しさせていただきました。
18歳~55歳までの日本の女性人口の中でエクステサロンを利用する人口は、143万人です。
また、利用者1人当たりの年間消費金額は、まつげエクステとリペアの合計で43,303円ですので、まつげエクステサロンの市場規模は、 43,303円×143万人=620億円 ということになります。

また、日本人1人当たりの市場規模は、 市場規模620億円÷日本人口1億2700万人=488円 です。

1人あたりの男女・老若男女問わず、1年間に488円 まつげエクステサロンに使用するということです。(2013年時点)

1人あたり平均488円使用するということは、商圏内の人口が10万人であれば、 488円×10万人=4,880万円 の年間市場規模がそのサロンにあるということです。

更にシェア理論と絡めて考えると、「どれくらいまで売上を目指せるのか?」「サロンの力量はどれくらいか?」が分かり、それに応じて戦い方が決まってきます。

img1例えば、商圏人口10万人(年間市場規模4880万円)に対して、自サロンの年間売上が1220万円の場合は、
シェアが25%で、その地域でNo1のお店となり、次の戦略としては新店舗を出店させることが考えられます。
また、シェアが15%や11%の場合で、3番店、4番店となり、まだ1番店、2番店となるためにやることが沢山あることが分かります。

続いてライフサイクル理論では、需要の方が過多している現在、これからの活動次第で地域No.1のサロンになれることがお分かりいただけたと思います。
img2

最後に当事務所が考える即時売上アップするために①電話問い合わせ件数、②予約率、③来店率、④ベット回転率、
⑤客単価を改善するための方程式をお伝えしました。

これまで実績から導きだされた当事務所の方程式ですので、ぜひすぐ実践してみてください。

続いて第二講座では、実際に改善に繋がった成功事例のお話させていただきました。

img4サロンの売上は、ご存じのとおり「客数×客単価=売上高」ですが、さらに細分化すると下記のとおりです。

・売上=新規客×予約率×来店率×回転率×(施術+物販)
・売上=既存客×予約率×来店率×回転率×(施術+物販)

ここから売上UPをするために具体的に何をしなければいけないかがお分かりいただけたと思います。

その細分化された項目での実際に効果のあった事例を20連発!
例えば、「客単価」をUPするための事例の1つとしては「ワンコインメニュー」です。
施術に関連している目元で簡単に出来るメニューを税込500円で販売するのですが、スタッフ1人当たりの売上が月に5万円ほどアップしています。ポイントは①チケット制にする②目元関連の内容で施術の最後にプレゼント感覚で出来るメニューにする③スタッフが勧めやすい④制限を設けるです。

img3また、「新規客」を増やす事例としては、A看板の工夫です。A看板は、ネットから目的来店のお客様、生活導線になっている通りすがりの衝動来店のお客様がいるので、①目的来店のお客様のために「店名」「電話番号」など基本情報を大きく入れる②衝動来店のお客様のために「持ち帰れるメニュー表」などを設置する③色は他店舗に埋もれないものを使う④安心感訴求のためスタッフの写真を入れると、来店率がUPします。

「リピーター」を増やすための事例としては「サンキューレター」や「そろそろDM」です。「サンキューレター」は、お客様との接点を持つために売り色はなくして、お客様とのその日の出会いを書くことがポイントです。
「そろそろDM」は、施術されたお客様のまつげエクステが取れ始めたころの3週間~1ヶ月以内に到着するように送付して、自サロンを思い出してもらいます。効果は両方ともやって、月に30名ほど来店してくれるようになりました。

これらの事例は忙しいなか時間をつくっていただいて、実行していただき成果に繋がりました。
持続させながら行動することが大切です。

次の第三講座では、WEBでの集客方法をお伝えさせていただきました。

サロンの皆様はすでにホームページをお持ちですが、なかなか上手く活用できていない場合が多いです。サロン様のホームページの目的は、「サイトで集客して、実店舗に来店してもらうこと」ではないでしょうか?

そのためには、
1.集客できるサイト制作
2.ユーザーに来店してもらえるコンテンツ制作
3.ユーザーにリピーターになってもらえる仕組みづくり
が必要です。

「集客できるサイト制作」は、サロンの商圏を含めた「地域名+まつげエクステ」関連のキーワード全てで検索結果で上位表示させます。

そのためには、「ユーザーに来店してもらえるコンテンツ制作」にも関わってきますが、有益な情報を掲載したコンテンツ制作が必要になってきます。

良く検索されているキーワードの一つに「まつげエクステ 種類」というキーワードがありますが、読んでくださっている方が理解できるようにJカールとかCカールの違い、太さの違い、長さの違いを施術前と施術後の写真も掲載しながら説明すると良くなります。

ホームページの1ページ1ページを内容の濃いものにできれば、検索順位も上位に掲載されるようになってきます。

さらに集客するためにはブログやSNSを活用して流入経路を拡大させます。
Facebook・Twitter・LINEなどのSNSは利用しているユーザー層が違うので、その特徴を掴んでそれぞれ利用します。

LINEは若者の利用が多く、1日に利用する回数の多いアプリです。

例えば予約の入っていない時間帯があるのであれば、その時間帯に○○割、○○キャンペーン実施の告知を当日の朝に流すと予約が入るケースがあります。

FacebookやTwitterも活用すると月単位になると違いが大きくなります。
ぜひ、サロンのアイドルタイムを利用してWEB活用を行っていきましょう!

img6

最後は、セミナーの「まとめ」講座として、第二講座、第三講座で事例を挙げてきましたが、実際にその対策を実行し売上UPするためにで私たちが何をやってきたのかお話し致しました。

相談を受けると私たちは下記を行います。
1.市場を調べる(商圏)
→ 自分のところのお客様はどこまでがエリアなのか?どういう人がお客様なのか?どれくらい売上が上がるのか?を調べます。

2.競合調査
→ ライバル店がどういうレベルなのか?どういう風に集客しているのか?昼間の回転率やそこから売り上げがどれくらい上がっているか?ということを調べて、商圏内で1番店になるための条件を調査します。
ライバル店と比べることで、自社サロンの強いとこと弱いところが見えてきます。

3.活動量を上げる
→ スタッフのアイドルタイムを再度見直します。チラシを配ったり、サンキューレターを書いたり、SNSを更新したりしてもらう。会社としてルールを決めて仕組化することが大事です。

4.No1づくり
→ 商圏・競合店の中で1番になれるものをつくります。
ライバル店と差別化する方法は、下記の4つしかありません。

①ブランド(=知名度)
②商品(=技術力)
③サービス(=接客接遇)
④価格

img5ブランド(=知名度)は圧倒的な広告量が必要になってきますし、価格での差別化はライバル店もすぐ行えるため1番店にはなりにくいです。
サロン様の場合は、ライバル店に比べて差を感じられる技術力でNo1をとるでもいいですし、今までやってきた結果やりやすいのはサービス、接客接遇でNo1をとることです。

具体的には売上UPしたサロン様では接客接遇でNo1をとるために、電話対応からお見送りまで接遇のマニュアルやルールづくりを行い、実行してもらいました。ライバル店に圧倒的に勝る接客接遇、商圏内でNo1になるとお客様からの口コミ等で良い評判が広まり、少ない広告費で多くの集客ができるようになったり、悦んでもらったお客様はリピートしてくれるので売り上げが上がります。

5.理念
→ 上記を達成するために、社員とお客様のためにお店が向かうべき方向性を決めます。
自分のサロンがどこを目指すのか社員と共有することが大事。そのためにそのサロン様では月1回全体ミーティングをやって、ルールや改善点の共有を行っています。

これらのことを行い、お客様と一緒に売上を作っていくのが当事務所です。

ご相談がありましたら、是非下記までお問い合わせください!!
【WEBから】お問い合わせはこちら
【電話】03-6427-9355