まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  支援数200社超!<br />提案の多い激安SEO

まつげエクステサロンにおける売上アップ編

投稿日:2014/07/11

まつげエクステサロンを売上アップのコンサルティングをしている中で

みなさんが売上アップの方程式を理解されていない場合が多いです

何をすれば売上アップするのか?通常は新規のお客様を増やすことが大切である・・・

とかリピーターを増やせば良い・・・というような回答を頂きます

一般的な公式は

売上=客数×客単価で表せます、一番ベーシックな回答になします

1ケ月間でもいいので、何人の方がマツエクサロンに来ていただき、そのお客さんが一人あたりいくら使っていただいたのか・・・という意味になります

でも以上の公式だとちょっと漠然としています

なのでちょっとわかりやすく、問題をフォーカスするために因数分解をして考えてみましょう

わかりやすいところで客単価の話をしたいと思います

客単価がアップすれば売上が上がる・・・当たり前の話です。通常5,000円の客単価をいかに6,000円とかにアップさせるのかということです。

まつげエクステサロンの場合の客単価を因数分解すると

施術単価と物販売上の2つに分解できます

施術単価アップするのは、1)ちょっとプラスのサービスを提案する、2)メニューのコースをグレードアップするという事になります

物販単価は、物販販売をきちんと提案して売上アップするということになります

因数分解することで、問題が細かくなり、回答が導きやすくなるのがメリットです

まつげエクステサロンをたくさん見させていただいている中で、物販に力入れているサロンさんが非常に少ないのが残念です

良くお聞きするのは、押し売りになっちゃうとか、提案しにくいという言葉を現場から頂きます。もちろん、物販を売るということは、お客様に何かしらの便益(きれいになる、肌が良くなる、マツエクが育毛されるなどなど)があるから商品(物販)が存在するわけです。お客様にとってより良いメリットを生み出せるための提案活動が物販の提案です。何もメリットがない商品を提案するのはもちろん詐欺になりますし、そんなものをお勧めしてはいけません。

まつげエクステサロンで物販をきちんと取り組んでいるところと、取り組んでいないところでは数字は雲泥の差が出ます。月の売上が30万円アップすれば、年間360万円アップします。

そのためににはまず物販を売るためにに、スタッフの意識改革が大切です。そして実際にスタッフさんが試して使用して、その実感を提案活動に活かすべきだと思います。

さらに売るならば、サロン内での告知活動や展示をきちんとPOPを付けて実践すべきです。商品は見なければ絶対にお客様は購入しません。お客様の視野に商品やPOPを見せる事が本当に大切です。

一度、皆様も取り組んでみてはいかがでしょうか?