まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  支援数200社超!<br />提案の多い激安SEO

まつげエクステのデザインについて考える

投稿日:2014/07/10

まつげエクステサロンできちんとデザイン集をお持ちの方は少ないのではないでしょうか?

通常はキュートやセクシー、ゴージャスなど色々4つほどのスタイルでの表記が一般的です。

まつげのある部分を短くしたり、長くしたりしながらスタイルをそれぞれ決めていくのですが・・

もう一歩踏み込んで前回の記事でトレンドの話をしましたが、やはり単純なスタイルだけではなく、デザインにもトレンドがありますから、きちんと最新のものを研究し、提案することも大事です

サロンによっては独自のスタイルブックをお持ちのところもあります。お客様の要望を間違いなくためにも、また相互理解をきちんとすることでもスタイルブックは有効かと思います。もちろんクレームの発生率は下がりますし、満足度もアップします。

スタイルブックがイメージが湧きにくく作りにくいならば、まつげの本数や、太さや長さによってこうなりますよと表現できるものでも良いと思います。何せお客様ままだまだ自分にピッタリのまつげのスタイルなど把握されていない方の方が多いと思われます。

またお客様の出来上がったデザインを写真で撮影させて頂き、他のお客様のでデザイン例として、カウンセリング時にお見せするのも一つの方法論だと思います。

お客様も施術後、仕上がりのデザインをイメージできる事で、安心感もありますし、施術中に不安にさせることもありませんね。

まつげエクステのデザインを最初にお客様と共有することで、お客様の期待に応えるという理由もありますが、サロン側にとってみれば満足度アップしていただく、クレームの発生を抑えるなど両社にとってメリットがあると思います。一度、皆様のサロンで実践してみてはいかがでしょうか?