まつげエクステサロンの開業やコンサルティングなら実績豊富な(株)オフィスあしずみ

(株)オフィスあしずみは「まつげエクステサロンのコンサルタント専門集団」です。

  • お問い合わせ・無料相談
  • 会社概要


  支援数200社超!<br />提案の多い激安SEO

サロンにおけるネット集客の力

投稿日:2014/03/17

皆さんこんにちは
今はサロン自体のネット集客の力が必要になってきました
またうまくやると、広告宣伝費なしで効率よく集客できてしまいます

ホットペッパーもネット予約をこの春マツコデラックスを使い
大きく宣伝を開始しています、新宿には期間限定でその大型オブジェも誕生しました

ホットペッパーはもちろん、美容関連サロンのポータル化=集積地を作ることで
圧倒的な集客力を持つことで、サロン様への送客力アップ=広告宣伝価格アップのために
色々と施策を展開されています

もちろんそれも、早道ですが、それ以外の集客経路をお店として模索することは本当に大切です

商圏で展開されているサロン様にとって
お客様が何と検索するか想像するのはそんなに難しいことではありません

例えば、市町村名、もっと深く言えば町丁名、
業態を表す言葉、まつげエクステサロン、まつエク、まつげサロン、まつ毛サロン
お客様の好みの言葉 格安、激安、安全、美容所登録 人気 
などなどまぁ想像は難しくないです

結果論としては、その地域の人が検索するあろうで言葉で
自社サイトが何でも引っ掻かかる状態がいいわけです(当たり前ですが)

もちろんホットペッパーも実によく引っかかります。さすがですね~
でも自社サイトもひっかからなければお客様に見てもらえません

ひとつはいかにサイトをこまめに更新し、ページ数をアップするかです
ページ数=サイトの集客力と考えてもらっていいです。できたら無料アメブロのようなものより
自社のブログサイトが本当は力を発揮します
そのた細かいテクニックはたくさんありますが、この場では割愛します
自サロンサイトはあるけど、外の制作会社にお任せしているサロン様がほとんどだと思います
それでは実にもったいない状態です。本当のWEBの力を活用しきれていない状態だといえます。
名刺代わり的な扱い止まりという感じですね。

当たり前ですが、忙しいサロンさんには厳しいことかもしれません
ただ、やらなければならない事は出来る方法を考えなければなりません
WEB集客方法を確立することは、相当優先順位は高い活動だと私は考えています

実践している方法論としては、スタッフさんの店舗作業に入れ込むことです
開店準備や閉店準備、お金の計算など施術以外にもやらなければならない活動をお願いしていると思います

そこにキチンと更新作業として入れ込み、責任者様がその作業を確認することです
仕組み化=ルール化しないと作業はサロン内で定着しません
当番制でも良いです

定着すれば改善活動は難しくなく、どんどん良くなります
ページがどんどん良くなれば、自社サイトが検索結果として、何でも引っかかるようになります
ただし1ページある程度文字数は必要ですが・・・

詳しい方法論をお聞きしたい場合はまたお問い合わせください
右ナビのお問い合わせページからどうぞ